投稿論文


  1. Keitaro Watanabe, Hiroki Kusudo, Carlos Bistafa, Takeshi Omori, Yasutaka Yamaguchi, "Quantifying the solid-fluid interfacial tensions depending on the substrate curvature: Young's equation holds for wetting around nanoscale cylinder" J. Chem. Phys., in press.
  2. Hideaki Teshima, Hiroki Kusudo, Carlos Bistafa, Yasutaka Yamaguchi, "Quantifying Interfacial Tensions of Surface Nanobubbles: How Far Can Young’s Equation Explain?" Nanoscale, in press.
  3. Hiroki Kusudo, Takeshi Omori, Yasutaka Yamaguchi, "Local stress tensor calculation by the method-of-plane in microscopic systems with macroscopic flow: A formulation based on the velocity distribution function," J. Chem. Phys., 155 (2021), 184103_1-12.
  4. Carlos Bistafa, Donatas Surblys, Hiroki Kusudo and Yasutaka Yamaguchi, "Water on hydroxylated silica surfaces: work of adhesion, interfacial entropy and droplet wetting,"  J. Chem. Phys., 155 (2021), 064703_1-15.
  5. Haruki Oga, Takeshi Omori, Cecilia Herrero, Samy Merabia, Laurent Joly and Yasutaka Yamaguchi, "Theoretical framework for the atomistic modeling of frequency-dependent liquid-solid friction," Phys. Rev. Research, 3 (2021),  L032019_1-6.
  6. 今泉 優太, 楠戸 宏城, Bistafa, Carlos, 大森 健史, 山口 康隆, "Wilhelmyの関係式の再考: 単一の分子動力学計算による固気液の3つの界面張力の算出," ながれ vol.40(2), (2021), pp. 99-102 (注目研究 in CFD34).
  7. Yuta Imaizumi, Takeshi Omori, Hiroki Kusudo, Carlos Bistafa and Yasutaka Yamaguchi, "Wilhelmy equation revisited: a lightweight method to measure liquid-vapor, solid-liquid and solid-vapor interfacial tensions from a single molecular dynamics simulation," J. Chem. Phys., 153 (2020), 034701_1-16.

国際会議


  1. 〇Haruki Oga, Takeshi Omori, Cecilia Herrero, Samy Merabia, Laurent Joly, Yasutaka Yamaguchi, "Extraction of frequency-dependent solid-liquid friction by using equilibrium molecular dynamics analysis," 2nd Asian Conference on Thermal Sciences, online, 40213 (Oct. 2021).
  2. 〇Hideaki Teshima, Hiroki Kusudo, Carlos Bistafa, Yasutaka Yamaguchi , "Density-dependence of interfacial tensions of solid-liquid interfacial nanobubbles," 2nd Asian Conference on Thermal Sciences, online, 30422 (Oct. 2021).
  3. 〇Kuan-Ting Chen, Qin-Yi Li, Takeshi Omori, Yasutaka Yamaguchi, Tatsuya Ikuta, Koji Takahashi, "The Analysis of Capillary Filling in SiO2 and Graphene Nanochannels," 2nd Asian Conference on Thermal Sciences, online, 30221 (Oct. 2021).

国内会議


  1. 〇新宅 実慶, 楠戸 宏城, 山口 康隆, "固体面に接するナノ液滴の線張力の熱力学的算出," 第35回数値流体力学シンポジウム, pp. B08-3_1-3 (2021年12月).
  2. 〇千崎 亮平, 大賀 春輝, 山口 康隆, "縞状の濡れ性の分布をもつ壁面の固液摩擦の異方性に関する非平衡分子動力学解析," 第35回数値流体力学シンポジウム, pp. B08-2_1-3 (2021年12月).
  3. 〇手嶋 秀彰, 楠戸 宏城, Bistafa Carlos, 山口 康隆, "固液界面ナノバブルの界面張力の定量化," 第35回数値流体力学シンポジウム, pp. B08-1_1-5 (2021年12月).
  4. 〇大賀 春輝, 大森 健史, Herrero, C., Merabia, S., Joly, L., 山口 康隆, "固液摩擦力の揺らぎを用いた固液摩擦の周波数特性の抽出," 流体力学会年会2021, 0922_C_1150_1-55 (2021年9月).
  5. 〇楠戸 宏城, 大森 健史, 山口 康隆, "マクロの流れを伴うミクロの系における局所的応力テンソルの計算: 速度分布関数に基づくMethod-of-Planeの定式化," 流体力学会年会2021, 0922_C_1020_1-5 (2021年9月).
  6. 〇手嶋 秀彰, 楠戸 宏城, Bistafa Carlos, 山口 康隆, "界面ナノバブルの接触角の密度依存性に関する分子動力学解析," 混相流シンポジウム2021, E0006 (2021年8月).
  7. 渡部 桂太朗, 楠戸 宏城, 〇山口 康隆, "Lennard-Jones液体面に浸されたナノスケールの固体円筒に働く毛管力の分子動力学解析," 第58回日本伝熱シンポジウム, pp. J222_1-1 (2021年5月).
  8. 〇楠戸 宏城, 大森 健史, 山口 康隆, "Lennard-Jones 流体の動的接触線近傍の流れ場と粘性応力の抽出," 第58回日本伝熱シンポジウム, オンライン, pp. BPA1424_1-6 (2021年5月).
  9. 〇千崎 亮平, 大賀 春輝, 大森 健史, 山口 康隆, "縞状の濡れ性の分布を持つ固体面と単純液体の間の摩擦に関する非平衡分子動力学解析," 第58回日本伝熱シンポジウム, pp. J131_1-1 (2021年5月).
  10. 〇手嶋 秀彰, 楠戸 宏城, Bistafa Carlos, 山口 康隆, "界面ナノバブルの界面張力の密度依存性に関する分子動力学解析," 第58回日本伝熱シンポジウム, pp. J124_1-6 (2021年5月).
  11. 〇楠戸 宏城, 大森 健史, 山口 康隆, "定常な動的接触線近傍の応力分布に関する分子動力学解析," 第34回数値流体力学シンポジウム, pp. B09-3_1-2 (2020年12月).
  12. 〇大賀 春輝, 大森 健史, 山口 康隆, "平衡MDとLFHによる固液間剪断力の自己相関係数算出," 第34回数値流体力学シンポジウム, pp. B09-2_1-3 (2020年12月).
  13. 〇手嶋 秀彰, 楠戸 宏城, Bistafa, Carlos, 山口 康隆, "固体面上のナノバブルの界面張力に関する分子動力学解析," 第34回数値流体力学シンポジウム, pp. B09-1_1-3 (2020年12月).
  14. 〇渡部 桂太朗, 楠戸 宏城, 大森 健史, 山口 康隆, "Lennard-Jones液体面に浸されたナノスケールの固体円筒に働く毛管力の曲率依存性," 第34回数値流体力学シンポジウム, pp. B07-2_1-2 (2020年12月).
  15. 今泉 優太, 大森 健史, 楠戸 宏城, Bistafa,Carlos, 〇山口 康隆, "Wilhelmyの関係式の再考: 単一のシミュレーションによる固気液の3つの界面張力の算出," 第34回数値流体力学シンポジウム, pp. B07-1_1-5 (2020年12月).
  16. 〇山口 康隆, "分子動力学シミュレーション2 ~分子の動きから何が求まるか:液体の物性を中心に~," MRMフォーラム2020, TS7-O14 (2020年12月), 招待講演.
  17. 〇楠戸 宏城, 大森 健史, 山口 康隆, "MoPによる定常な動的接触線近傍の応力分布に関する考察," 日本流体力学会 年会2020, 2C-11:30 (2020年9月).
  18. 〇大賀 春輝, 大森 健史, 山口 康隆, "固液界面における摩擦力の揺らぎと流体力学の関係:Langevin方程式を介した接続," 日本流体力学会 年会2020, 2C-10:50 (2020年9月).
  19. 〇Bistafa, Carlos, Surblys,Donatas, 大森健史, 山口康隆, "OH終端されたシリカ表面上の濡れに関する理論解析," 日本流体力学会 年会2020, 2C-09:20 (2020年9月).
  20. 〇新宅 実慶, 楠戸 宏城, 大森 健史, 山口 康隆, "固体壁面に接する 3 次元 Lennard-Jones 液滴の接触線近傍における力学的バランス ," 日本流体力学会 年会2020, 1C-15:50 (2020年9月).
  21. 〇赤井 優斗, 大島 洋喜, 大森 健史, 山口 康隆, 梶島 岳夫," 接触線近傍での流体界面の易動度," 日本流体力学会 年会2020, , pp. 1C-13:00_1-4 (2020年9月).
  22. 〇楠戸 宏城, 大森 健史, 山口 康隆, "MoPによる定常な動的接触線近傍の応力解析," 第57回日本伝熱シンポジウム, D311 (2020年6月).
  23. 今泉 優太, 大森 健史, 〇山口 康隆, ",Lennard-Jones液体面に浸された固体にはたらく毛管力の解析," 第57回日本伝熱シンポジウム, A121 (2020年6月).

受賞目録


  1. 山口 康隆, スルブリス ドナタス, 大森 健史, 楠戸 宏城, 2019年度(第58期) 日本伝熱学会学術賞 「分子動力学解析を介したミクロな力学と熱力学の統合による濡れの物理の解明」.

著書


  1. 山口 康隆, マイクロ・ナノ熱工学の進展(エヌ・ティー・エス): 第2編 熱工学におけるマイクロ・ナノ現象-第1章 界面と濡れ, 執筆.



2019年度以前:  矢野研究室  山口研究室